二重になるまで|一重から二重になった歴史(個人的歴史)

私は元々、一重でも目が大きめだったようで、人からは二重だと思われていました。

そのため、小学校や中学の時には「一重だよ」と言っても信じてもらえず、まぶたを詳しく見せても最終的には友達から「奥二重だよ」と言われたりする事もありました(※あくまで私は一重でした)。
< strong>メイクで、さらに普通に”二重”のように大きな目に
大学に入ってからは、二重に見えるようなメイク法を見つけたので、普通に二重だと思われていました(アイプチや”つけまつ毛”は使っていません)。

しかし、ノーメイクの時には隠せない一重の限界
メイクしているときは気にならないのですが、普段の自分のメイク顔に慣れてしまうと、やっぱりメイクを落とした時との目の印象の差が気になってしまいます。(私はギャルメイクや、バサバサまつげ、つけまつ毛、というような濃い印象のメイクは全然していませんでしたが、ただ、マスカラとアイラインは絶対に必須でした。)

やっぱり、ノーメイクでも目を大きくしたい
そしてやはり、ノーメイクでもメイクをしている時のような目にしたい、と思うようになりました。24時間365日メイクをしている訳では全然ないので、目指すは「すっぴん美人だ」と思うようになり、色々研究して二重になる努力をするようになったのです。

「二重になった」と友だちに言った時の意外な反応
二重になっても友だちからはノーコメントでした。仲の良い友だちに「最近二重になった」とか「マスカラとビューラー数年使って、二重にした、手術なしでもそういう人いるよ」と言っても「ふーん…。てか、もともと目大きかったよね」という、驚きのない反応には、逆に私が驚きました(もともと、あまりそういう事に興味無かったり、別のことに夢中になっている友達が多いせいもあるかもしれません)。

二重になった分、アイラインのメイクも薄くしたので一重時代からの友達からは「かわいくなったね」「メイクうまいね」と言われるくらいでした…。自力で頑張ったのに反応薄すぎる…と思いつつも、でも世には自力で一重を二重にしたい人はたくさんいるはず!と思い、この記事を書いています。

(オススメ記事)
>>自力で二重にする時のオススメアイテムを紹介しています。