二重になる方法|二重にする第三段階おまけ

第三段階おまけ/日々のメイク術

この方法は、女性にしか使えないかと思いますが、本気で二重にしたい人には個人的にオススメです。

二重のクセ付けに必要なのは、一番は時間

やはり、クセ付けに必要なのは時間です。特に、私はアイプチや整形が好きではないので「自力で」「自然に」という事をポイントにしていました。そういう強制力を持ったモノを使わない場合には、やはり「時間」がモノを言います。

マッサージやトレーニングできる時間にも限りがあります。毎日の生活で一番長い時間を過ごしているのは、会社や学校です。その間も、何もしないで「二重」をクセ付けできるのなら、それってかなり強い事です。

第三段階も後半になれば下記のような裏技も使えるようになります。

ビューラー&マスカラは欠かさない

毎日メイクをする時に、ビューラーでまつげをバシバシあげて、マスカラを使います。もちろん、マスカラはカール力アップ&持続系しか使いません。

まつげメイクで、二重が持続できるかも

第三段階も後半になってくると、ビューラーでばしばしまつ毛を上げると、その数秒は二重になったりします。
もっとうまくいくようであれば、ビューラーで一瞬しっかり二重になり、その後うっすら二重に戻りますが、カールキープ力を誇るマスカラをつければ、一日中二重を保てるようになります。

私は、第三段階の後半は、この方法で一日中二重を保てるようになりました。
なので、休日でメイクをしない日でも、二重のクセ付けのためにビューラーをマスカラだけは欠かさない、的な。

始めの頃はメイクを取ると10分ほどしか二重が持たず、すぐに一重にもどっていたのですが、コレを1年~2年続けるとメイクを落としても二重、朝起きても二重になりました。(ただし、ここでも段階があり、朝起きてうっすら二重→ビューラー&マスカラでしっかり二重、という段階を経て、朝から普通に二重になります)

私はそんなにメイクが濃くなく、普通位なので、濃いメイクがニガテな女性でもでも使いやすいテクニックだと思います。マスカラひと塗りでも、二重のクセ付け力は変わってきます。

(オススメ記事)
>>自力で二重にする時のオススメアイテムを紹介しています。