スキンケアと出産・育児について

赤ちゃんを産んだ後って色々と大変です。
慣れない育児と定期的な授乳、寝不足でどーんと疲れがたまってしまうことは普通です。

出産後の肌ケアや体調管理を考える

女性だったら、産んでみたいと思う人も多いですよね。
かわいいし貴重な体験なんどえすが、やっぱり体力も消耗するし大変なこともあるみたいです。

肌ケアや肌質が変わった例

思春期の頃から肌が弱かったり乾燥性敏感肌だと、気持ちの良いコスメアイテムを見つけるだけでも一苦労だったりしますよね。

色々探し続けてきても、見つからず、なんとなく騙し騙しでなんとかやってきたという人もいるかもしれません。

でも、出産後の肌にはそんな騙しも効かなくなるということもあります。
さらに、出産で体質が変わると気にならなかった花粉による炎症が起ってボロボロ状態になるということも聞いたことがあります。

その人は、病院では「何も塗らず薬だけ塗りなさい」との言葉をもらうも、感想とニキビが気になるし、でも化粧水は染みるだけで効果なし…。

なんとかしなくては…と思った時に出会ったのがアベンヌウォーターだったといいます。
アベンヌウォーターは温泉水の成分そのものだったため沁みる心配もなく、落ち着かせてくれます。

これだけでは水分が逃げるので、ワセリンを薄く塗り保護する方法と合わせて使ったらよかったとのことでした。

ワセリンは病院でも薦められており、赤ちゃんにも使えるものなので安全でした。
シンプルな2STEPでしたが、負担が少ないみたいで続けることができて、今までにないぐらい潤って改善されたと喜んでいました。

育児って、女性は体験してみたいことではありますが、やっぱり初めてのことだし色々大変なこともありそうですよね。

でも、こうやって数分でお手入れ完了する自分の肌ケア方法を見つけていけるといいですよね。

また、出産のせいなのか便秘がひどくなり、子宮が収縮しておなかが小さくなるはずなのに、逆におなかがパンパンになることもあります。

実家に帰っている時で、母が、弱っている娘に青汁をくれたなんて話もきいたことがあります。そのまま水やお茶にいれても美味しいとの青汁。

でも、人によっては、さすがにそのまま飲むことができませんなんて人もいます。
そんな人でも、牛乳に混ぜ、甘みの観点から整腸効果があるというオリゴ糖を混ぜ合わせると、これはいける!美味しいという感想もあります。

疲れ切っていたけれど徐々に体力が回復したという話も聞いたことがあります。

色々調べて、元気で楽しい出産や育児をしていきたいと思いますよね。