アーカイブ | 1月 2018

2018年の日焼け止め(予定

昨日、久しぶりに自力で一重から二重になった体験談を書いたら、またブログ再開しようかな…なんて思えてきました。

整形とかアイプチじゃなくて一重を二重にした人って、少ないけど私以外にもいると思います。

2018年はまだ1月ですが、もう紫外線のことを考えていたりします。
今日は、これまで使ったUVケアで印象的だったものを思い出す意味でかい定期舞うs。

クラランスの日焼け止めクリーム

ハワイの免税店で、日焼け対策のために購入したクラランスの日焼け止めクリーム。
伸びが良くて肌への馴染みも良く、つけ心地に不快感が全くありませんでした。

お花のような香りがするので、日焼け止めクリーム独特のニオイというのも感じませんでした。むしろ、香水をまとっているかのような香りで、ハッピーになれました。

日焼け止め効果もバッチリで、焼けずに済みました。お風呂でも、いつものボディクリームでサッと流すだけで、綺麗に落ちるところも良いと思いました。

資生堂・dプログラムのスキンアッププロテクター

かれこれ使って10年くらい。
敏感肌の方やお肌の弱い方におすすめできる日焼け止め兼化粧下地です。

化粧下地にも欠かせないので年中使っています。
白のクリーム状のUVクリームですが塗った後ファンデーションを塗ると顔に関してはほとんど日焼けしません。

LOGOSのアームカバー

LOGOSのアームカバーは、UVカット UPF50+ 手の甲まで隠すことができて日焼け予防にはバッチリです。
さすが、キャンプやBBQ,アウトドア用なだけあります。
ひんやり感がありぴったりとフィットするのでずり落ちる不快感もありません。
趣味でマラソンをしていますが、やはり気になるのは日焼け。頭のから指先まで油断できないのですがLOGOSのアームカバーを使い始めてからはスポーツメーカーのアームカバーよりも低価格で使いやすく汗をかいてもべたべたしないので1年中の必須アイテムです。

スプレータイプの日焼け止め

2018年もこれは使いそう。
春夏は日焼け止めは欠かせないけど、従来のものだと手に出してから塗らなければならないので、朝など急いでいる時にはかなり面倒。
手に残っていたりした日焼け止めが、黒い服なんかについちゃったら取れなくてとても大変。その点、スプレータイプは手を汚すことなく簡単に濡れるし、服にシミを作ることもない。

塗りにくかった背中にも簡単にスプレーできるし、髪にも使えるのがとっても便利。もう手放せません。あえての欠点はさらさらしすぎて、塗ったのか塗ってないのかわからなくなるところ。

とこんな感じ。
最近気になっているのは

・テマナの日焼け止め乳液
・コパトーンパーフェクト UVカットジェルクリーム
・クリアスティック UVプロテクター

かな…。

あと気になってるのがコレ。

>>ハナオーガニック・ウェアルーUVの口コミ

自力で二重にする時のオススメアイテムです。

すみません、更新をけっこう怠っていました…。
ブログも継続するのは何とかっていいますがホントそうですね。

自力で二重にする方法、このサイトでも結構人気あります!

いま読み返すと、なんか文字ばっかりで改行も全然ないですが読んでくださってありがとうございます…!

私は、一重から自然に二重になりました。
前の記事を書いた時は「現在進行中」でしたが、あれから2年ほどたち…(ブログさぼりすぎw)

実は、もうほとんど定着しています。
全然いい感じです。

よほど、泣いたりむくんだりしない限りは全然いいというか、そんな感じ。

これ、自力で二重いけるんじゃ…?と思ってから、かれこれ10年くらい経っています。

前記事で書いた方法を地道〜に続け、強い思い込みと諦めの悪さで達成した感満々です。

「自分で二重にする方法」とかネット検索すると、そういうマニアックサイトも出てくるじゃないですか。

ああいうのみると「三ヶ月でなりました!」とか「2週間でなりました!」とか書いてありますが、メイクに頼らなくても「あ、もうコレずっと二重定着したな」てなるのに私の場合は10年位です。

ただ、最初の3年位でディオールの「マスカラ ディオールショウ アイコニック オーバーカール」とか、ヘレナルビンスタインの「ラッシュ クイーン コブラブラック WP」とかカールの強いマスカラを使えば二重にはなりました。

だから、見た目3年、実質すっぴんで確たる二重は10年、て感じでしょうか…。

半年ほど、寝る時に両面テープを使ってた時もあります。
100均とかにある普通の両面テープを半分の細さにしたものを、目の長さ位のを作っておくんですね。

寝る前に二重になるようにつける。
上手く行けば、翌朝はぱっちり二重になっています。
失敗したらなりません。

(100均よりもホームセンターや東急ハンズに売ってる普通の両面テープのが粘着力あったので途中で買えました!)

でも、アレだとどうしても両面テープを剥がす時にまぶたが伸びる!!
まぶたの皮膚が伸び伸びになると、結果として整形やメイクなしで二重になる可能性はかなり下がるんです。

だからやめました。
アイプチなしのマスカラとビューラー、あとはツボ押しや目の体操で地道に頑張りました。

両面テープはやめて正解だったと思っています。

最近はこんな便利アイテムもあるみたいですね。
自然に癖付けできて、しかも両面テープみたく取る時に肌が伸びない!!笑

私は、すっぴんガチ二重になるのに自力のみで10年位かかりましたが、

こういうの使ってた方が
はやく自力で二重になれたのかも…。

>>オススメの二重クセ付けアイテム