アーカイブ | 8月 2016

わかめサラダもどきダイエットとオススメダイエット法

世の中には色々なダイエット方法があります。
めっちゃたっぷりフルーツ青汁のような、青汁系ダイエットは最近メジャーになっていますが、え?そんなんもあるんだ!という感じですが、まだまだ知らないダイエット方法はたくさんあって、それで効果を出して成功している人もいます。

わかめサラダもどきダイエット

これも、私が知らなかったダイエット方法です。
スーパーとかに普通に売っている海藻サラダ(大きな薬局とかには売っていることもあります)を自分で作ってしまえ!というダイエット方法です。

苦味らしき味わいに、苦手意識を持っている人もいるかもしれません。
でも、意外と手作りすると食べれたりするんですよ。

わかめコンニャクとカニ風味かまぼこハム、それに白滝とかを手でほぐしたり細かくカットして、すべてをミックスするだけで出来てしまいます。

とりあえず簡単!

めちゃすぐにできます。
料理といえるかすらも分からないレベルだったりするんですが、コレが意外といいんです。

面倒だり手間がかかったりするとなかなか続かないですが、物凄い楽ちんなので、続けられるのがいいなと思っています。

で、このつくったわかめサラダもどきを毎食、ごはんの一品として取り入れるだけです。
たくさん食べるほど炭水化物などの摂取が減りますし、ミネラルもとれます。

でも、あんまりにもこのサラダだけで栄養が偏ってしまうのもアレなんで、そのあたりは適度に調整しながらがいいかと思います。

味付けも、マヨネーズや、ドレッシングではなく…醤油や塩、質の良いごま油なんかがいいです。たまにドレッシングとかマヨネーズを使うとしても、トランス脂肪酸とかショートニングがないのがいいですよね。

この、わかめサラダもどきダイエットで、3ヶ月で10kg減った人がいるというのもネットかなにかで見たことがありますが、コレはちょっと本当かなぁと疑っちゃいます。その人にあっていたら痩せるんだとは思いますが。

欠点やダメなところ

このダイエット法、欠点としては飽きる事です。
やっぱり味が単調になりがちなのです。

汁物を追加したり、白米ではなくお豆腐やおからを上手く使ったするという別案も同時進行で進めるといいです。

まとめ

めっちゃたっぷりフルーツ青汁もそうですが、やっぱり何かひとつに決定的に頼り切るというよりは、いくつかの手軽な方法を組み合わせるほうが気軽に長続きします。

これが飽きたらコレ!みたいに、何種類かのダイエット方法をローテーションするのもありですよね。
1日1食ダイエットとか、1日2色ダイエットとか、もう少しゆるめで、1日2食とめちゃフル青汁一食なんかも、あんまりストレスない気がします。

春雨や白滝パスタなんかを活用するのもいいですよね。
個人的にいいなと思ったのが、大根カルボナーラです。大根だと野菜なので、なんか体にいいことしている気がして、カロリーも低いから2週間くらい続けたら軽く1-2キロヤセれそうです。

で、コレもオススメ

あとは最後に紹介しいのが「やーよ」で知名度が上がったゲンキングがやっていたダイエット方法です。

わたしはやりませんが、「へー」と意外な感じだったので紹介しておきます。

ピンチなときに使う美容液

今日は、やば、、っ!という時にオススメな美容液を紹介します。

アイムピンチという美容液

名前に分かる通りピンチな時に助けてくれるというコンセプトのアイテムです。
コンセプトがそのままブランド名になっているって面白いですよね。アイムピンチの公式HPを見ると、主に30代からの「ヤバイ!」的な肌にアプローチするのが目的みたいです。

使用感

使うとちょっとした肌荒れや乾燥も収まるという口コミもあります。
毎日継続すると肌荒れしにくくなり、大人ニキビも減るなんてのもありました。

けっこういいお値段のする美容液です。
そのため、私は乳液に一滴混ぜて使用するというのもアリだと思います。一滴でも効果絶大みたいです。

とろっしていてよく伸びる駅で、肌全体に染みわたる感じかなと思います。
美容液はこれしかまだ使っていないという人は、肌が綺麗だねと言われることが多いと口コミにありました。

洗顔後に化粧水→アイムピンチを一滴混ぜた乳液→クリームの順番で使えるものです。

こだわり成分

ピンチなときに使う美容液なので、とうぜん成分にもこだわって作られています。
合成香料や合成着色料、パラベンなどはブランドのすべての商品につかっていないということです。

毎月、生産数限定だということで、これってかなりスゴイよなと思います。

日本ならではの美容液!?

しかsも、国産大豆や納豆菌、米ぬかが主成分というブランドです。
発酵技術には30年近くの歴史があるということですが、この3つの成分て、なんだかすごく日本人に合いそうな気がします。

地産地消がいいとかっていう言葉もききますが、食べるものが、生きている土地に関するものが良いのであれば、当然、肌につけるものも日本人に合うものがいいのかもしれないですね。

発酵の歴史の長さ…!

米ぬか美容とかいうのもアリますし、さらに発酵技術を使っているというのもすごいですよね。
なんでも、発酵って、60000年の歴史があるみたいです。

6000年ってすごいですよね。
今って何年?とかって思っちゃいます。

今が2000年だから、人類生まれてない!?とか一瞬思ったのですが、あ、それ紀元前だ、と気づきました。思えば人の歴史って、紀元前の方が断然長かったみたいですし(あんま詳しくない)。

なんか、美容液から歴史話にまでかなり広がりましたが、シンプルなパッケージで、化粧水やクリームはちょっとしたハーブエキスみたいな雰囲気もありますが、なんだかちょっと高級感は漂っています。

口コミ評価も高いアイテムなので、アラサーからの美容液にはいいかもです。

少し前に試したもの

ブログをはじめて間もないので、あまり書き方とか上手くないですがとりあえず書いていきたいと思います。内容は、これからどんどん良くなっていくと思います。

試した美容アイテムなど

パーリーデュー パーフェクトクレンジング&ウォッシュ

これはメイク落としです。
美容液みたいな感触と売り文句にもありますが、それが実にそのとおりで、気持ちのよい、良く伸びるジェルになっています。
美容液でマッサージしているうちに、化粧を落とせます。

メイク落としって面倒くさいですが、これは何だかクレンジングが楽しくなるかもです。一回で濃いアイメイクなども落ちるので、疲れている日でも時間がかからないのはメリットです。

その後、化粧水の心頭もいい感じです。
日々よごれが落ちるのか、質感もよくなってきた気がします。

クレンジングって、毎日使うものだから気に入ってるのがいいなぁと本当に思います。

ミオドレ式くぼみ押し

ダイエット効果があるとのことで、一時期話題になったグローブです。
突起がついていて、そのでこぼこグローブでこするというものです。講談社から本が出ているので、見たことがある人もいるかも知れません。

実践したくぼみ押しは、グリーブを使わずに行うミオドレでうs。
最初はダイエットのためと思ってだったのですが、美肌効果もある気がします。というか、ちょっとびっくりしました。

顎下のくぼみに指をグッと押し込み、耳に向かって押しながら指を動かすというものです。複雑な動きではないのですが、血行がいい感じがして顔色が明るくなりました。

顔の引き締め効果もある感じで、下手に値段がするマッサージ器具よりも、このミオドレ式くぼみ押しは使えるアイテムかもとおもっています。

顎下意外にも、わきの下とか、押す場所は色々あります。
ぜんぶで7つのくぼみがあるのですが、口元や首の筋肉を柔らかくするというものです。

やっぱり、女性はメンタルや気持ちがしなやかで優しいだけではなくてカラダも優しい方が魅力的なんじゃないかな、と最近は思っています。

硬いとか強いという形容詞は男性に任せておいて、女性はやさしさだったりしなやかさ、柔らかさを重視していきたいと思っています。あ、でもその芯にはやっぱり精神的な強さだったり、自分の幸せには自分で責任を持つ強さみたいなのが必要だとは思います。何でも、バランスが大事なのかもしれないですね。

彼との一悶着も落ち着きましたが、恋愛ってなかなか、自分が鍛えられますね…!

シート系美容アイテムについて

今日はシート系アイテムの紹介をしたいと思います。

シート系の美容アイテム

シート系といっても、美容パックもあればクレンジングシート系もありますよね。

マンダムのビフェスタうる落ち水クレンジング クレンジングシート

なかには、たまたま使った優しい使い心地のリキッドクレンジングが、アイメイクが一回では落ちず、ふきとるのがけっこう面倒でした。

マンダムのビフェスタうる落ち水クレンジング クレンジングシート

オイルクレンジングは良くないかもとの話を聞いて、クレンジングを色々試した時があるという女性も多いはずです。

独身時代はクレンジングオイルでメイク落としをし、洗顔クリームで泡立てて…というダブル洗顔をしていた人でも、結婚し出産すると一分も無駄な時間をとりたくない衝動にかられて、1回でダブル洗顔機能をチョイスしたく、店員さんにおすすめ品をたずねたら、「マンダムのビフェスタうる落ち水クレンジング クレンジングシート」を紹介されたという人もいます。

シート一枚にはいっているクレンジングと汚れ落としの液体、さらには化粧水もあり万能です。
アイメイクなんかのポイントメイクは2枚まぶたおいて液体を心頭させると、アイメイクのカタチがシートに浮かび上がります。ジュレみたいで、垂れずにキープされます。

アイメイクもちゃんと落ちるし、流すのも簡単、つっぱりもありませんでした。
メイクを落としながら潤いもくれるこのシート、簡単でリピートしまくりな人もいます。

「ビフェスタ うる落ち水クレンジング」のお勧め理由は安い・詰め替え用がある・目に見えて落ちた事が解るからです。

うる落ち水クレンジングコントロールケア

遅くに家に帰ってきて、お風呂に入るのが面倒くさいなぁって時に役立つのが、ビフェスタのうる落ち水クレンジングです。

コットンで拭き取るだけの簡単なクレンジングなので、面倒くさいときや疲れている時に良いです。オイルじゃないのでベタベタもしません。

で、クレンジング後につけるローション的な役目も果たしてくれるので、もちもちしている感じです。
うる落ちクレンジングは何種類かあります。

コントロールケアは、肌が荒れにくくなる感じです。
ポンプタイプボトルで、手軽に利用できて、詰替え用の袋に入ってるのも販売されています。

まとめ

この他にも、ビタミンC誘導体ローションなんかも最近は気になっています。

色々あって迷っちゃいますよね。

そろそろ夏の終わり、秋の予定も考えつつ、夏の疲れの肌ケアもしていきたいと思います。

 

韓国コスメtheSAEM

韓国コスメのthe SAEM(ザ・セサム)の美容液を紹介したいと思います。
寒流ブームすごいですよね。
なんか、もはやブームというか定番になってきているのかな…?との想いもあります。

私が子どもだった頃は考えられないくらいです。

the SAEMについて

the SAEMは、アイドルグループのRed Velvetも使ったアイテムがあるとかって言われています。

韓国でコスメを買うならココ!という人気スポット明洞(ミョンドン)にお店はあります。
ジェムミラクル ブラックパール O2バブルマスクとかドクタービューティー ザ クリニック シンエイク リンクルプランパーとか、ピーリング系とかパフュームハンドクリームとか、色々コスメ好きなら気になるアイテムがたくさんあると思います。

theSAEMの商品は韓国コスメということもあり、美白ケアで知られているブランドです。
他にも洗顔、パック、Blackパールマスクというパックなどがあります。

値段もめちゃくちゃ高いというわけではありません。
もちろんネットでも購入できますよ。

美容液について

韓国へ言ったとき、店員さんにすすめられて買ったという人から聞いた話です。

その店員さんはほうれい線やシミが消えると言っていて、最初はまさかと思いましたが、まぁ韓国にせっかく来たんだしと思って購入したそうです。

これ、けっこうパッケージが可愛いんです。

で、実際に使用してみると、ほうれん線にはたしかに効果絶大かも?な気もしました。
カタツムリ成分というのも入っているらしく、シミが簡単に消えるわけではないですが、徐々に効いているかもと言っていました。

カタツムリ成分って何?

カタツムリ成分とサラっと書きましたが、実際、わたしも初めて知りました。
そんなのあるんですね。

何?と思ってちょっと調べてみたのですが、「カタツムリクリーム」とも言われているみたいです。
なんか数年前から韓国で大ブームなんだそうです。

あのカタツムリのクリームか、と若干弾いてしまいそうなんですが、なんでも古代ギリシャに期限があるとかないとか…。そういえば、フランスではカタツムリの食べ物もあるくらいだから、地球上に生きている生物は、色々何かしらやっぱり関係があるのかな?と思っていしまいます。あ、でもそうすると人間はどこに位置するのだろう…?とか…。

最後に…

やっぱり、例によって最終的に話が脱線してしまうのですが、そろそろ記事を適当にまとめないとな時間になってきました。

韓国ってやっぱり美容整形がスゴイんですかね。
あんまり知らないですが、なんかそういうイメージがちょっとあったりします。ま、でも究極は自分でみたことではないので分かりません。

やっぱり、自分で実際に見たり聞いたりしたリアルな実体験が一番重要だったりしますよね。

プラセンタの美容液やプラセンタについて思うこと

今は流行りが少し治まってきたかもしれませんが、プラセンタと美容や美肌の関係って深いですよね。商品もいっぱいあります。

年齢肌にはやっぱりプラセンタがいいみたいですよね。既にいくつものプラセンタアイテムを使ってきた人もいるかもしれません。

プラセンタの美容液やスキンケアアイテム

プラセンタは美容やスキンケアに良いとされていて、サプリメントもいろいろ出ています。でも、経口摂取だけではなくてとプラセンタ入りの基礎化粧品を使うとさらに実感できるのかもしれません。

母の滴プラセンタのリンクルクリーム

主に顔に使用しますがリンパに沿って軽くマッサージするようにつけます。

母の滴で有名なフローレス化粧品メーカーから出ているリンクルクリームにも、プラセンタが入っています。この他にも、スーパープラセンタやアルジルリン・アスタキサンチン・セラキュートやマトリキシルなども入っているので強そうです。

量は少なくてお値段もしますが、肌に塗る量も少なくてすみます。
乾燥肌でも、つけるとしっとり感がずっと続くという口コミも多いです。他の化粧水や保湿クリームとは違うなと実感です。べたつきもありません。

普段家に居るときはお化粧はせずこのリンクルクリームだけでOKなのではないでしょうか。値段的にも総合評価でみたらプラセンタ商品にすれば普通だと。シミも薄れてくるという口コミもあります。

ハーバーのプラセンタ

無添加主義のハーバーからも、プラセンタ化粧品やスキンケアアイテムは出ています。
マゼンダ色のパッケージがキレイな「北のプラセンタシートマスク」や「北のプラセンタ濃泡洗顔フォーム」やローズプラセンタマスクなんかもあります。

フラコラのプラセンタ

これは、上記2つに比べるとリーズナブルですよね。
プラセンタエキス現役が980円なので、かなり使いやすい値段になっています。庶民の味方的アイテムなのかもしれません。

この他にも、DHCのサプリメントも有名ですよね。
サプリだと、FUWARIやTp200、cocoroやエイジングリペアなんかが有名です。スノーデンのプラセンタも有名かもしれません。

ただ、色々あると迷ってしまいます。
口コミや評判なんかをネットで調べていてもキリがないので、ある程度目星をつけて、実際にいくつか使ってみて、その上で自分に一番合うと思ったものを使ってみるのがよいのかもしれません。

夏の終わりで肌も疲れているかもしれませんが、さらなる美肌を目指していきたいものです。

オールインワン化粧品について

産後、育児に追われてしまうとスキンケアもおざなりになってしまいますよね。

何時間も化粧水すらつけずにそのまま寝てしまうことも普通だと思います。

オールインワン試したもの

一回で全部終わる化粧品はないものかと探していると、エバメールを教えてくれたという人がいます。いわゆるオールインワンゲルです。

でも、洗顔後のスキンケアだけでなくクレンジングやパック、ボディケアにもOKなので、刺激や香りが弱いので出産後も安心かなと言っていました。

気がつけば15年愛用しているなんて強者もいるみたいです。
いろいろな大きさがあるのですが1ヶ月以上使えて五千円くらいの500mlのポンプが一番オススメだと言っていました。

その人は、時々他のオールインワンゲルも試してみますが、やっぱりエバメールに戻ってしまうとのこと。よほどいいんでしょうね。夜にしっかり塗って寝ると、翌朝もちもちぷるぷるしていて、顔を洗うのがもったいないくらいということですが、15年てスゴイなぁと思います。

ナチュレルスペシャル ゲルクリーム

これもオールインワン化粧品です。
ネットで買えます。
価格は550g8000円と、一見たかいように思えるのですgあ、1年もつのでコスパは満足できるものです。
3年くらい使っている人もいると、口コミで見たことがあります。

オール・インワンについて

ピリピリする、乾燥するなどの肌トラブルも少ない、優しい感じのみたいですね。あとなんといっても1本だけでいいと毎日ラクですよね。

オールインワンは他にも市販品や通販など色々ありますが、自分に1番合うものを見つけられるといいですよね。

あとは月に1、2回を目安にパックするだけなのですが、肌がキレイだねとよく言われ、実年齢よりずっと若く見られます。
自分に合った基礎化粧品に巡り合うことは大事かもしれませんね。毎日使うものですから。

ドットフリー リシリエンス オールインワン美容液

近所の薬局に売っているオールインワン美容液です。
最後に紹介するのでうすが、一番安くて1本1000円です。

あまりお金を掛けたくなくでも美容液の様なものが欲しくて見ていた時に発見しました。それまではクリームを塗って、その上でカサカサする口元や目元に付けます。

するとヒリヒリしなくなる様になりました。家に居るときにスッピンだったら、ちょっと乾燥してきたかなと思ったらそれを付けてるようにしたら、あまり気にならなくなってきました。

気にならなくなったらと付けなくなったら直ぐに乾燥して荒れてしまいました。それくらい効果があった様です。高くないし、コラーゲンも入っていて乾燥を防げるので重宝しています。

スキンケアと出産・育児について

赤ちゃんを産んだ後って色々と大変です。
慣れない育児と定期的な授乳、寝不足でどーんと疲れがたまってしまうことは普通です。

出産後の肌ケアや体調管理を考える

女性だったら、産んでみたいと思う人も多いですよね。
かわいいし貴重な体験なんどえすが、やっぱり体力も消耗するし大変なこともあるみたいです。

肌ケアや肌質が変わった例

思春期の頃から肌が弱かったり乾燥性敏感肌だと、気持ちの良いコスメアイテムを見つけるだけでも一苦労だったりしますよね。

色々探し続けてきても、見つからず、なんとなく騙し騙しでなんとかやってきたという人もいるかもしれません。

でも、出産後の肌にはそんな騙しも効かなくなるということもあります。
さらに、出産で体質が変わると気にならなかった花粉による炎症が起ってボロボロ状態になるということも聞いたことがあります。

その人は、病院では「何も塗らず薬だけ塗りなさい」との言葉をもらうも、感想とニキビが気になるし、でも化粧水は染みるだけで効果なし…。

なんとかしなくては…と思った時に出会ったのがアベンヌウォーターだったといいます。
アベンヌウォーターは温泉水の成分そのものだったため沁みる心配もなく、落ち着かせてくれます。

これだけでは水分が逃げるので、ワセリンを薄く塗り保護する方法と合わせて使ったらよかったとのことでした。

ワセリンは病院でも薦められており、赤ちゃんにも使えるものなので安全でした。
シンプルな2STEPでしたが、負担が少ないみたいで続けることができて、今までにないぐらい潤って改善されたと喜んでいました。

育児って、女性は体験してみたいことではありますが、やっぱり初めてのことだし色々大変なこともありそうですよね。

でも、こうやって数分でお手入れ完了する自分の肌ケア方法を見つけていけるといいですよね。

また、出産のせいなのか便秘がひどくなり、子宮が収縮しておなかが小さくなるはずなのに、逆におなかがパンパンになることもあります。

実家に帰っている時で、母が、弱っている娘に青汁をくれたなんて話もきいたことがあります。そのまま水やお茶にいれても美味しいとの青汁。

でも、人によっては、さすがにそのまま飲むことができませんなんて人もいます。
そんな人でも、牛乳に混ぜ、甘みの観点から整腸効果があるというオリゴ糖を混ぜ合わせると、これはいける!美味しいという感想もあります。

疲れ切っていたけれど徐々に体力が回復したという話も聞いたことがあります。

色々調べて、元気で楽しい出産や育児をしていきたいと思いますよね。