アーカイブ

2018年の日焼け止め(予定

昨日、久しぶりに自力で一重から二重になった体験談を書いたら、またブログ再開しようかな…なんて思えてきました。

整形とかアイプチじゃなくて一重を二重にした人って、少ないけど私以外にもいると思います。

2018年はまだ1月ですが、もう紫外線のことを考えていたりします。
今日は、これまで使ったUVケアで印象的だったものを思い出す意味でかい定期舞うs。

クラランスの日焼け止めクリーム

ハワイの免税店で、日焼け対策のために購入したクラランスの日焼け止めクリーム。
伸びが良くて肌への馴染みも良く、つけ心地に不快感が全くありませんでした。

お花のような香りがするので、日焼け止めクリーム独特のニオイというのも感じませんでした。むしろ、香水をまとっているかのような香りで、ハッピーになれました。

日焼け止め効果もバッチリで、焼けずに済みました。お風呂でも、いつものボディクリームでサッと流すだけで、綺麗に落ちるところも良いと思いました。

資生堂・dプログラムのスキンアッププロテクター

かれこれ使って10年くらい。
敏感肌の方やお肌の弱い方におすすめできる日焼け止め兼化粧下地です。

化粧下地にも欠かせないので年中使っています。
白のクリーム状のUVクリームですが塗った後ファンデーションを塗ると顔に関してはほとんど日焼けしません。

LOGOSのアームカバー

LOGOSのアームカバーは、UVカット UPF50+ 手の甲まで隠すことができて日焼け予防にはバッチリです。
さすが、キャンプやBBQ,アウトドア用なだけあります。
ひんやり感がありぴったりとフィットするのでずり落ちる不快感もありません。
趣味でマラソンをしていますが、やはり気になるのは日焼け。頭のから指先まで油断できないのですがLOGOSのアームカバーを使い始めてからはスポーツメーカーのアームカバーよりも低価格で使いやすく汗をかいてもべたべたしないので1年中の必須アイテムです。

スプレータイプの日焼け止め

2018年もこれは使いそう。
春夏は日焼け止めは欠かせないけど、従来のものだと手に出してから塗らなければならないので、朝など急いでいる時にはかなり面倒。
手に残っていたりした日焼け止めが、黒い服なんかについちゃったら取れなくてとても大変。その点、スプレータイプは手を汚すことなく簡単に濡れるし、服にシミを作ることもない。

塗りにくかった背中にも簡単にスプレーできるし、髪にも使えるのがとっても便利。もう手放せません。あえての欠点はさらさらしすぎて、塗ったのか塗ってないのかわからなくなるところ。

とこんな感じ。
最近気になっているのは

・テマナの日焼け止め乳液
・コパトーンパーフェクト UVカットジェルクリーム
・クリアスティック UVプロテクター

かな…。

あと気になってるのがコレ。

>>ハナオーガニック・ウェアルーUVの口コミ

手を汚さないUVアイテム色々

だんだん秋らしくなってきました。
日差しも落ち着いてきて一安心なのですが、ここで油断することなく来年の夏やこれからの紫外線対策についても考えていきたいと思います。

手を汚さないUV対策

今日はこれをテーマに書いていきたいと思います。
オススメとか流行りものとしてはこの2つがあります。

・スプレー系
・飲む日焼け止め系

順番にみていきたいと思います。

スプレータイプの日焼け止め

日焼けを防ぎたいところにシュッとスプレーするだけなので、汗をかいたりして塗り直す時は特に楽です。

ちょっと近くでスプレーして、液を手でのばすと、ムラもなく塗りたいところにしっかり散布可能。日焼け止めクリームは、塗ったところがベタついて痒くなることもありますが、スプレーだと痒く感じたことは一度もありません。

プールに行く時なんかは、絶対に焼けたくないと日焼け対策にも力が入りますよね。
身体はアネッサのウォータープルーフタイプを1時間おきに塗り直し、UVカットパーカーを羽織って白肌を守っているという強者もいます。

しかし、それでも唯一日焼けから守れないのが頭皮だったりします。
海のなかで帽子をかぶるわけにもいきません。

悩みの種だった頭皮の日焼け度目の救世主として、日焼け止めスプレーを使う人もいます。スプレータイプだから髪の毛についてもベタつかず、頭皮に塗れて日焼け対策バッチリ、頭皮の日焼け止め対策にピッタリという人もいます。

カラダや顔は気をつけていても、頭皮にまで気を付かている人って実に少ないと思います。でも、うっかり焼けてしまうと、後日フケが出たり赤くなったりしてしまいます。

最近では、頭皮が気になる人は日焼け止めスプレーを使う人も多いです。
強力な紫外線を長時間浴びると、キューティクルが傷つき傷んでしまうから一石二鳥です。

スプレーって薄づきで頼りない感じですが、髪の毛にスプレーするのとしないのとでは全然違います。

グアムのSPF110のUVスプレー

話は変わりますが、グアムにはSPF110のUVスプレーが売られているそうです。
グアムだと、やっぱり日差しが強いですよね。すこし歩きまわるだけで日焼けしてしまいます。
口コミで発見したのですが、このUVスプレーだと全然日焼けしなかったおいうことです。ただ、日本の製品より少しベタつきがあるそうですが、量も多めで15ドル前後でお手頃価格だということです。

SFP110だと、肌にはかなり負担がかかってしまいそうですが、グアムという場所ならではなのかもしれません。

春夏は日焼け止めは欠かせないけど、従来のものだと手に出してから塗らなければならないので、朝など忙しい時には面倒です。

手に残っていた日焼け止めが、黒い服についちゃったら取れなくて困ったということもあります。

スプレータイプは手を汚さないし、服にシミを作ることもありません。
加えて、塗りにくかった背中にもスプレーできるし、髪にも使えるのがとっても便利。あえての欠点は、さらさらすぎるから、塗ったのか塗ってないのかわからなくなるという感じでしょうか…。

飲む日焼け止め

これについては、色々と調べていたら分かりやすいサイトを見つけたので紹介するにとどめておきます。気になっている商品だったのですが、やっぱり1番安くて安心できるところで買いたいですよね…。

フェイスパウダーと持ち運びケースについて思うこと

今日は他県の友達が遊びにきてくれました。

9月に入ってそろそろ涼しくなってきたのですが、私が住んでいる地域はけっこう湿気があるので、その子は「湿気があるね」と言っていました。

…けっこう涼しくなったと思ったのですが、所変わればそりゃ違ってきますよね…と思った次第であります。

フェイスパウダーについて

今日あったその子はすごい肌がキレイなんですよね。
パウダーはつけてなくて、下地だけつけてると言っていました。

毛穴とか全然なくって、本当うらやましいレベルの美肌!
色々聞きましたが、やっぱりシンプルケアみたいです。

パウダーさえ使っていない感じでしたが、ほんっとにキレイ!私は最終仕上げでUVの対策の意味も兼ねてパウダー使っています。

これまで使ったフェースパウダーなりをちょっと紹介したいと思います。

UVLAB 紫外線カットパウダー

パウダータイプの日焼け止め(UVフェイスパウダー)がとてもおすすめです。
私みたいなめんどくさがりには合っている気もします。パパッとぬれるし、メイクした上からでもぬれるし、腕にも簡単につけられるときています。

とくに UVLAB紫外線カットパウダーはファンデーションみたいにスポンジが別になっていないので片手がふさがっていても楽に塗れます。仕事上そこまで日焼け止めを塗り直せない状況だったけれどもすぐに塗り直せる UVLAB紫外線カットパウダーが去年の夏本当に大活躍でした。

HABAのUVカットプレストパウダー

HABAのUVカットプレストパウダーも使ったことがあります。
割とコンパクトなので携帯もしやすく、よれたり崩れたりしたメイクを均してからパウダーをはたけば化粧直しと日焼け止めの塗り直しが同時にできます。仕上がりはさらりとしていて夏にぴったりです。

パウダーケースの持ち運びについて

ちょっとしたお化粧直しの時に役立つフェイスパウダーやベビーパウダー。

でも実は、持ち運びが超不便だったりします。
なんといっても、ポーチの中でかさばるカサバル!とにかく少ない荷物で過ごしたい私としては、容器が大きいと、それだけでけっこう迷惑な存在になってしまったりします。

私もかなり調べましたが、下記ページで紹介されているもの使っています。

何個か買ったのですが、やっぱり使いやすくて便利なものって大体まとまってくると思います。
>>携帯用UVパウダーケースのオススメランキング!持ち運びに便利で実用的!